月別アーカイブ: 2014年1月

小笠原諸島の火山噴火から学べることはいろいろ

地球が生きてるんだと
実感できるニュースが飛び込んできました。

13年の11月20日ころに小笠原諸島の
西之島という島のすぐ近くで海底火山が噴火して
直径200メートルほどの小さな島ができました。

最近パキスタンかどこかの大地震によって
島が現れた珍事が起きましたが、
まさか日本でも同じようなことが起きるとは驚きです。

まあパキスタンみたいにだれでも行けるような
近場ではなく東京から南へ1000kmも離れてる上、
火山噴火で出来た土地なのでそうそう危なっかしくて
行けたものではありません。

小さいままだと波の侵食で消えてしまうかもしれないそうですが、
大きく発達すれば正式な日本の新しい領土として
認定されることになるでしょう。

それによって領海の範囲が増えるということで、
少しだけですが期待する人がいます。

まあ誤差範囲ですが悪い話ではありません。

星は内部コアが熱を帯びているから
活発に活動することができ火山も生まれるのですから
地球はすごいものだと実感できます。

もろ小笠原諸島の範囲内なので、
他国の干渉は受けずに済みそうですね。

最近は中国が理不尽なことばかりやらかすので
非常に迷惑な今日このごろ。

自分のことしか考えないと国際法とかおかまいなしに
天然資源を目当てにめちゃくちゃな主張を繰り返します。

表向きは法律とか領土がどうのこうのいってますが、
そもそも領土を主張すること自体が資源目的なので
腹黒いことは誰の目から見ても明白です。

日本はお人好し精神を出すのではなく、
今後もずっと断固たる態度で望んでほしいと思います。

火山の話題からだいぶそれましたが、
火山と行ったら地震も大きく関係してくるので、
最近は特に注意が必要なんじゃないかと感じます。

小笠原の今回の出来事は偶然かもしれませんが、
大地震によって火山に刺激が入ることは
歴史が証明しているので油断せずに生きることが大事です。

もし首都圏で大地震が起こればいろんなことが連動して
富士山も爆発する恐れも出てきますので、
歓楽街で遊んでる場合ではなくなります。

火山が多いところほど地熱や豊かな風土の恩恵を得られますが、
必ずデメリットも生じるので気をつけたほうがいいですね。

宮崎と鹿児島の方とかはもろそういう地域なので、
都会に住んでいる人でも防災意識は落としてはいけません。

東日本大震災が起きた直後は防災意識MAXだったと思いますが、
人間はすぐ忘れるため今では地震前の水準に落ちてるのでは
ないかと疑われても仕方ありません。