東京オリンピックは賛否が分かれているようですが・・・

2013年の9月に再度歴史的な事が起こります。

1964年に東京オリンピックが開かれましたが、
再度2020年にも開かれることが決定しました。

前回の招致活動はリオ・デ・ジャネイロに完敗したので
雪辱を晴らすことができたのです。

前回もアジア初のオリンピックとなりましたが、
今回もアジアの都市で2回開催することになったのは
日本が初めてなので快挙づくしです。

最終プレゼンテーションでは全世界で生中継され、
落胆した人も多かったかもしれませんが、
日本は興奮の渦に包まれました。

滝川クリステルのおもてなしパフォーマンスが
流行ったことで一気に流行語大賞の候補に躍り出ます。

今年はじぇじぇじぇや倍返しなど流行語が多く、
何が大賞に輝くのかも楽しみです。

今からオリンピック観戦を計画してる人も
いるかもしれませんが、そんな中反対意見も
根強くあって賛否両論になっています。

いろんな理由があると思いますがおそらく多くの人は
東日本大震災とリンクさせてるのではないかと感じます。

日本は2011年から復興期間に入ったようなもので、
原発事故からもまだ2年しかたっておらず、
やっと被害が少ない4号機から核燃料が取り出される
作業が始まったばかりです。

オリンピックが決まる直前には汚染水流出問題が発覚し、
世界中で再度危機感を募らせることになります。

そして安倍首相が汚染水問題は完全にコントロールされている、
という発言がさらに波紋を呼ぶ形となりました。

ということで復興が何より優先されることであり、
オリンピックなどやってる場合ではないのではないか
などの声が一部からは挙がっています。

たしかにそれも一理あると思います。
そして言論の自由もあるので人それぞれ
いろんな意見があるのでそれはそれでいいと思います。

しかし人間は精神の生き物とも言えるので
たまには羽目をはずさないと持たないところがあります。

確かに復興は最優先事項だと思いますが、
そればかりでも気持ちは下がる一方で
あらゆることにマイナス効果を波及させかねないと思います。

景気も気という漢字を使っていることから
気持ちから始まるというように、
人間の活動は気持ちもすごく大切になると思うのです。

よって大金はかかってしまいますが、
それもまた人間社会では仕方のない事であり、
何がどういい方向に進むかはわからないわけです。

少なくともオリンピックを開くことで
悪いことばかり引き寄せるとは思えないので、
開催決定は正しかったのではないかと思います。